【見出しなしVer.】理想とされている生き方に惑わされるな

理想の生き方について考えたことがありますか?

「こんな風に生きていければ幸せだ」という生き方のことです。

 

今回は、世間的に「理想とされている生き方」について考えていきましょう。

 

日本で理想とされている生き方は、以下のようなものです。

 

いい大学に進学する

いい会社に就職する

一生懸命働き続ける

定年退職するまで仕事を全うし、年金をもらいながらゆったりとした生活を送る

 

結婚とか転職とか、そういった人生の転機のようなものもありそうですが、大筋はこんなところでしょう。

これを「理想とされている生き方」と呼ぶことにします。

 

ですから、親や学校は子供をいい大学へ進学させようと一生懸命になります。

「理想とされている生き方」のスタート地点が「いい大学に入学する」ですからね。

 

ほとんどの中学生・高校生は「理想とされている生き方」を目指して、何の疑いも持たず日々学校に通っていることでしょう。

参考:そうだ!将来の夢がない子供を生み出す学校を「従業員製造所」と呼ぼう

 

ところが「理想とされている生き方」には、とんでもない落とし穴が存在しています。

 

一生懸命働き続ける、という生活を想像してみましょう。

 

 

普通の会社だと、8:00頃には出社していなければなりません。

そのためには、6:00過ぎの起床が基本となりそうですね。

8時出社の会社であれば、17:00が定時

 

ところが”普通の会社”であれば、まず定時に帰ることはできません。

多くの社員が残業(お金がもらえないサービス残業も含め)を強いられて、結局会社を出るのが早くて20:00頃に。

 

20:00に退社したら、帰宅するのは21:00頃になるでしょう。

それからお風呂やご飯を済まして、ゆっくりできるのが23:00頃から。

 

23:00からようやくリラックスタイムが始まりますが、次の日にも仕事があります。

6:00には起きなければなりませんから、24:00過ぎには寝ないと身体が持ちませんね。

1時間ほどでリラックスタイムを切り上げて、明日の仕事に備えなければどうしようもありません。

 

1週間に1日、2日ある休みを楽しみにして、毎日毎日このような生活を続けることになります

 

一体この生活はいつまで続くんでしょうか。

 

そうです。

 

定年退職する65歳まで。

 

大学卒業が22歳頃だということを考えると、約40年間も上のような生活が続くわけです。

 

本当にやりたいことを仕事にできている人は良いですが、ほぼすべての社会人は「今日も仕事か…、早く帰りたいな…」とか思いながら会社に向かっています。

老後の年金生活を夢見て、終わりの見えない繰り返しの毎日を消化していくわけです。

(今は、その年金生活すら危ぶまれていますが…)

 

よく言われることですが、人生は一度きり

この言葉を心から理解している人があまりにも少ない。

 

一度きりの人生を「今日も仕事か…、早く帰りたいな…」と、毎日思いながら過ごすことが「理想の生き方」なんでしょうか。

老後を夢見ながら生活することが「理想の生き方」なんでしょうか。

あなたはこういった生活を「理想の生き方」と思うでしょうか。

 

これらはあくまでも、社会が押し付けている「理想とされている生き方」に過ぎないんです。

 

となると「理想の生き方」とは一体どのようなものなんでしょう。

「人生は一度きり」という考えが根底にあれば、理想の生き方というのが自ずと見えてきます。

 

自分の生きたいように生きる

 

これに尽きます。

 

ですが普通に学校に通い、大学に通い、就職・社会人として働いている限り、自分の生きたいように生きるなんて到底不可能なこと。

日本全体が「理想とされる生き方」こそが正しいと思っていますし、そんな中で「夢を叶えたい!」とか言うと「現実を見ろ」と一蹴されます。

 

個人的に日本には、「夢を持つこと=悪」という風潮さえあるように感じます。

参考:「将来の夢がない」という悩みを速攻で解決する7つのステップ

 

これを機会に「理想とされている生き方」ではなく、ぜひあなたなりの「理想の生き方」を考えてみてください。

Copyright© 我のみぞ知る世界 , 2018 All Rights Reserved.