ブログ収入の無料教材プレゼント中!

アドセンスブログに必要な文字数はどれくらい?文章を書くポイントも解説しました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ROHIKAです。

 

かつて「アドセンスブログの記事に必要な文字数は500文字以上」と言われていました。

ですが現在は、500文字では全く勝負になりません。

 

今回はアドセンスブログに必要な文字数と、文章を書くポイントを解説していきます。

 

アドセンスブログの記事に必要な文字数は?

アドセンスブログの目標の一つは、月収10万円の達成だと思います。

ではアドセンスブログで月収10万円を達成するには、1記事あたりどれくらいの文字数が必要だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

正解は、

 

 

 

1000文字以上です。

 

原稿用紙で考えると2枚と半分くらいですね。

 

しかし1000文字以上だからといって、1000文字くらいの記事を量産していてもいけません。

1000文字はあくまでも最低ラインです。

 

最低ラインに合わせているだけでは、いつまで経っても上に行くことはできません。

周りの最低ラインが1000文字なのであれば、あなたの最低ラインは1200文字くらいに設定するべきです。

 

 

「1200文字なんて無理だよ~!!」

と思うかもしれませんが、実際に書いてみると案外大したことありません。

というか1200文字くらいでは、書きたい内容が書ききれなかったります。

 

慣れてくると1200文字くらいなら、10分~20分くらいで書けるようになります。

それどころか、気づけば3000文字くらい平気で書いていたりすることも。

 

それでも長文を書く自信がない…

…というあなたに向けて、1200文字の文章を簡単に書くコツを伝授します!

 

まずは以下の記事を読んで、「本文を書く前に見出しをつける方法」をチェックしてください。

参考:「見出し」使ってる?効果的な見出しの使い方でアクセス数アップを図ろう!

 

読みましたか?

それでは実際に、この記事の通りに見出し・小見出しをつけてみましょう。

見出しが3個、小見出しが合計で9個できると思います。

 

そして小見出し1つあたりに、100文字ちょっとの文章を書いていきましょう。

100文字といえば、3~5個くらいの文章で十分到達します。

 

すべての小見出しを書き終えた頃には、100文字ちょっとの文章が9個(小見出しの分)できています。

つまりこの時点で、約900文字くらいの文章ができていることになります。

 

後は、記事の冒頭まとめの文章をそれぞれ100字ちょっとで書いてください。

これで+200文字。

合計で1100文字くらいです。

 

あとの100文字ですが、これは見出し・小見出しの文字数で十分補ってくれるはずです。

これで合計1200文字。

 

ね。

1200文字くらい、実はどうってことないんです。

 

文章を書くときのポイント

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

文字数に慣れてきたら、今度は文章の質を上げていきましょう。

 

オリジナリティ満載にする

アドセンスブログはその性質上、他のブログと記事のネタが被ることが頻繁にあります。

かといって他のブログと同じような内容を書いていては、アクセスは伸び悩んでしまいます。

 

文章を書くときには、オリジナリティ(独創性)を意識して、あなたの世界観を存分に出していきましょう。

 

考察なども重要になってきます。

一つのネタに対して、そこら辺に出回っている情報ばかりを載せても、誰も興味を示してくれません。

ネタに対して、あなたなりの考え・意見をすべて出し切ってみてください。

 

「こんな見方もあるのか~」と、読者を唸らせるような記事が書ければ最高ですね!

 

感情を入れる

オリジナリティの出し方として、あなたの感情を入れていくのもおすすめです。

次の2つの文章を見比べてみてください。

 

例1

堀北真希が結婚しました。おめでたい話ですね。

結婚相手は俳優の山本耕史だそうです。

 

そんな二人の交際期間は0日なんだとか。

一体どういうことなんでしょうか。

実際に調べてみました。

 

例2

堀北真希が…。

麗しの堀北真希が…。

 

…結婚、したそうです……(´;ω;`)

 

いや、おめでたいことなんですけど、僕にとってはおめでたくありません。

堀北真希の結婚相手…、いや、麗しの堀北真希を奪った男性は、山本耕史という俳優でした。

 

しかも驚くべきことに、二人の交際期間は0日!?

う、う、うらやましい!

でも一体どういうことなんでしょうか!?

説明してもらいたいことだらけです!!!!

 

…というわけで、実際に(泣きながら)調べてみました。

 

どうでしょうか。

言っている内容はまったく同じなのに、受ける印象・雰囲気が全然違っていますよね?

 

ブログは文字ばかりの媒体です。

ただただ真面目な文章を書いたところで、最後まで読んでくれる人はなかなかいません。

だって面白く無いですし。

 

だからこそ、文章には感情を全力で出してください。

顔文字も多様しちゃってください∠( ゚д゚)/

多少ふざけながら書いても構いませんщ(゚д゚щ)

(だからといって誹謗中傷はNGですよ!)

 

どんどん感情を出して、あなたの表情を読者に見せていきましょう!!

 

予想を入れる

ネタによっては、極端に情報が見つからないものもあります。

 

「調べましたが、分かりませんでした」と書いている人もたくさんいますが、「ふざけるな」と言いたいところですね。

記事を読んだ人にとっては、無駄な時間を過ごしたことに他なりません。

 

情報が見つからなかった場合、絶対に「分かりませんでした」で終わらせないようにしましょう。

最低でも、あなたなりの予想・見解を書いてください。

 

「有名女優の元カレ」の情報を調べたけど、見つからなかった!…時の対処例

美人な女優さんですからね。

言い寄ってくる男性の一人や二人くらいはいてもおかしくありません。

報道されていないだけで、元カレの数人はいたに違いないでしょう。

 

「ある事件の真相」を調べたけど、さっぱりだった!…時の対処例

個人的には、近所の商店街あたりが怪しいと思っています。

なぜなら…(以下、理由説明)

※個人を誹謗中傷するようなことは絶対書いてはいけません

 

…みたいな感じで、なんとでもなります。

 

「予想したことが大外れだったらどうするの!?」と心配するかもしれませんが、まったく問題なしです。

だってあくまでも「予想」ですから、読者もそのつもりで読んでくれます。

(ちゃんと読者に、予想だと分かるように書いてくださいね!)

 

とにかく早く書く

最後に、

文章はとにかく早く書くよう意識しましょう。

キーワード選定さえしっかり行っていれば、ブログの質は記事の数でカバーできます。

 

ブログを開設してから当面の間は、

質<量

が成り立つと考えてください。

 

キーワード選定に全力投球して、とにかく記事を量産していく。

これだけで、かなりのアクセスが集まるようになってきます。

参考:キーワード選定の流れを押さえて、検索上位にブログ記事を表示させよう

 

また記事の内容自体も、量をこなすことでレベルアップしていきます。

最初の頃はどれだけ頑張っても、立派な文章は作れません。

100記事くらい書いた後に見返してみると、「ひどい文章を書いていたんだな」と思い知ることができます(笑)

 

まとめ

アドセンスブログの記事作成で一番重要な作業は「キーワード選定」です。

次に「見出しづくり」、「ネタ選定」、「本文作成」と続きます。

 

ですから、最初から本文の内容にこだわる必要はありません。

こだわったところで、立派な文章が作れる保証もありません。

 

最初はとにかく「キーワード選定」に全力を注ぐ。

慣れてきたら「見出しづくり」、「ネタ選定」と力を入れる範囲を広げていって、最後に「本文作成」に手を回す。

本文に対する意識はこれくらいで十分なんです。

 

本文はさくっと書き上げて、どんどん記事を量産していきましょう!

LP誘導ver.2


とある世界の魔法学校を取得する
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 我のみぞ知る世界 , 2015 All Rights Reserved.