ブログ収入の無料教材プレゼント中!

会社員が将来の夢ナンバー1の日本ってどうなんさ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、ROHIKAです。

明けましておめでとうございます。

 

ブログ更新は久し振りですね。

色々と記事にしたいことはあったんですが、先に完成させたい仕事があったので、そっちの方にずっと集中していました。

その仕事も一段落ついてきたので、これからはブログ更新も復活していきます。

 

というわけで今回は、タイトルの件についての話を少々。

 

衝撃的な記事

今日、こんな記事を目にしました。

『日本の1位はアジア唯一、子どもが将来就きたい仕事ランキング』

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160106/Resemom_28844.html

 

お!

日本の子供たちは、

どんな職業を目指しているのかな?

ワクワク!!(*^^*)

 

的なノリで記事を開いた、僕のワクワク感を返して欲しい。

そんな事実が掲載された記事でした。

 

以下、一部抜粋です。

日本の子どもが将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員(サラリーマン・OL)」10.2%、女子が「パティシエ(お菓子職人)」11.0%。前年まで2年連続で男子の1位だった「サッカー選手」は、わずか0.2ポイントの差で2位になった。

~~~

中略

~~~

一方、アジア太平洋地域7か国・地域の子どもによる「将来就きたい仕事」では、「先生」と「医者」の人気が高く、日本以外の6か国・地域では「先生」と「医者」のいずれかが1位に選ばれた。日本は、1位が「会社員」であったが、2位に「先生」、3位に「医者」が入った。トップ3に「会社員」が入ったのは、日本だけであった。

・・・(つд⊂)ゴシゴシ

 

・・・( ゚д゚)

 

いや、もうね、何というか、

 

 

それでいいんかい

いやいや、違うんですよ。

会社員がダメだ、公務員がダメだって言っているわけじゃないんです。

 

 

ちょっと想像してみてください。

 

 

ある日、子供の授業参観があったとします。

 

で、あなたは子供の学校での様子を見るために、意気揚々と授業参観に出席するわけです。

普段、家庭での姿しか見ませんから、学校での姿が気になるのは当然ですよね。

 

そんなわけで行った授業参観。

授業参観のテーマは『将来の夢』でした。

 

あなたは、

「ワオ!うちの子って将来何になりたがってるんだろう!」

とワクワクしながら、子供の発言を待つわけです。

 

そしてついに、我が子の名前が呼ばれました。

 

「どんな夢なのかしら!学校の先生?お医者さん?

もしかして、芸能人だったりして!?

キャー!そんなこと言ったらどうしましょ!」

と、期待やらドキドキやらが入り混じった心境で、子供の発言に耳を澄ませます。

 

そこで我が子が口に出した発言。

 

 

「将来は、会社員になりたいです」

 

 

・・・・・・( ゚д゚)

 

こんなんでいいんですか。

 

「うちの子はこんなんでいいんです!」って言うんであれば、ここから下の文章は不快に感じられると思います。

その場合は遠慮せずにブラウザバックしてください。

 

 

 

 

 

 
記事を読み進めてもらえたようで良かったです^^

それでは、話を続けていきますね。

 

子供たちは本当にそう思っているのか

person-human-child-girl-summer-dress-hat-fence

僕は自分の子供に、

「将来は、会社員になりたいです」

などのような、夢のない発言をさせたくありません。

 

だって、会社員ってどんな生活しているか知ってますか?

以下、僕の別の記事から抜粋します。

 

普通の会社だと、8:00頃には出社していなければなりません。

そのためには、6:00過ぎの起床が基本となりそうですね。

8時出社の会社であれば、17:00が定時

 

ところが”普通の会社”であれば、まず定時に帰ることはできません。

多くの社員が残業(お金がもらえないサービス残業も含め)を強いられて、結局会社を出るのが早くて20:00頃に。

 

20:00に退社したら、帰宅するのは21:00頃になるでしょう。

それからお風呂やご飯を済まして、ゆっくりできるのが23:00頃から。

 

23:00からようやくリラックスタイムが始まりますが、次の日にも仕事があります。

6:00には起きなければなりませんから、24:00過ぎには寝ないと身体が持ちませんね。

1時間ほどでリラックスタイムを切り上げて、明日の仕事に備えなければどうしようもありません。

 

1週間に1日、2日ある休みを楽しみにして、毎日毎日このような生活を続けることになります

参考:理想とされている生き方に惑わさるな

 

だいたいこんな感じです。

こんな生活を、定年退職するまで延々とし続けなきゃいけないわけですよ。

学生生活を終えた瞬間から

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。

 

もはや苦行レベル。

喜んでこんな生活に飛び込むのは、僕が思いつく限り“ブッダ”しか思い浮かびません。

 

 

冷静に考えてみてください。

 

 

子供たちは、そんな生活を本当に願っているんでしょうか。

「あー、めっちゃ会社員になりてー!!」って思って、「会社員になりたいです」って言っているんでしょうか。

 

 

絶対違うでしょ。

そんなん思ってるわけないでしょ。

 

じゃあ一体どうして、多くの日本の子供たちはそんなことを言うのか。

 

簡単です。

 

言わされているんですよ。

日本の学校教育の空気に。

 

プログラミングされた子供たち

macbook-keyboard-macro

僕は職業柄、色んな子供たちから学校の様子を聞きます。

中でも生涯教育は個人的に興味がある分野。

ですから「学校で将来についてどんな話されている?」みたいに、こっそりとリサーチすることが結構あります。

 

そしたらもう、出るわ出るわ。

「いかに学校が”将来の夢”をに扱っているか」が分かる回答の数々。

 

子供たちの発言をまとめると、大体次の2つになります。

  • 「安定した職業に就きなさい」と一辺倒な発言ばかりを聞く
  • 本当の夢を語れば、「現実を見ろ」と一蹴される(馬鹿にされる)

 

もちろん、すべての学校教師がそうだというわけではありません。

 

でもね。

やっぱり圧倒的に量が違うんです。

 

体感的に90%くらいの学校教師が、「将来の夢なんて」的な言葉を投げかけている感じ。

 

そりゃあ、

「ショウライノユメハ、カイシャインデス」

って、プログラミングされたかのように発言する子供も増えますよ。

 

学校は従業員製造所

ですから僕は現在の学校教育現場を、『従業員製造所』と呼んだりしています。

参考:そうだ!将来の夢がない子供を生み出す学校を「従業員製造所」と呼ぼう

 

この記事に賛同してくださる読者さんがたくさんいて、めちゃくちゃ嬉しくなりましたし、同時に少し安心することもできました。

「現在の学校教育に疑問を抱いている人がたくさんいる」っていう事実を知れたのは、かなり大きな励みになります(笑)

 

ずっとブログでも伝えている通り、僕の夢の一つは『教育革命を起こすこと』

今の疑問だらけな教育現場に、何かしら大きな変革を起こしてやりたいんです。

 

で、僕がその夢を誰かに語る度に、色んな反応が返ってくるんですよね。

もちろん応援してくれる人もいましたが、「なんだその夢(笑)」とか「はいはい、叶えばいいね」とかいう言葉は、もう聞き飽きるほど聞いてきました。

 

それでも僕は、夢を語ることを止めませんでした。

 

おかげで協力者・仲間も少しずつ増えてきて、今では個人塾も立ち上げましたし、その他様々なことに力を注いでいます。

 

誰かに夢を笑われたとしても、勝手に笑わせておけばいいんです。

夢を笑う人は、「夢なんてない、クソつまらない人生」を歩むことになるんですから。

 

ええそうです。

従業員製造所なんて、クソ食らえです。

 

編集後記

あーーーーーーーー!

すっきりした!!!!!!

 

やっぱりブログっていいもんですね。

書いていると時間が経つのも忘れちゃいます。

 

 

あ。

ちなみに夢を持つべきなのは子供だけじゃありませんよ。

大人だったとしても、社会人だったとしても、大きな夢を持って、貪欲に追い求めるべきなんです。

 

「夢なんてない」って?

 

いやいや、そんなわけありません。

「夢がない」っていう原因のほとんどは、「本当に叶えられるかどうか」を前提に考えているからです。

 

どうも日本人の中で、「叶えられそうか否か」を「夢として持つかどうかの判断基準」にする風潮があります。

 

そんな前提、忘れちゃってください。

実現可能かどうかなんて、やってみなきゃ分からんのです。

参考:「将来の夢がない」という悩みを速攻で解決する7つのステップ

 

 

「これって夢と呼んでいいんですかね…?」とか、

「夢を語る相手がいません!」とか、

「やっぱり笑われるのが怖くて、夢を語ることができません!」とか、

何か言いたいこと・発散したいことがあれば、お気軽に僕まで連絡してくださいね∠( ゚д゚)/

 

お問い合わせはこちらからお願いします。

http://warenomi.com/mail/

 

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下のボタンで記事のシェアをしていただければ、飛び跳ねて喜びます(*^^*)

無料メルマガを購読する
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […]  我のみぞ知る世界  6 shares 3 users吐き気がする。会社員が将来の夢ナンバー1の日本ってどうなんさhttp://warenomi.com/kaisyain/どうも、ROHIKAです。 明けましておめでとうございま […]

今週の記事まとめ part1 前半 | ワーク・ライフ・アンバランス にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 我のみぞ知る世界 , 2016 All Rights Reserved.