キーワード選定の流れを押さえて、検索上位にブログ記事を表示させよう

The following two tabs change content below.
石川県で『勉強を教えない学習塾STUDYBANK』の塾長をやりつつ、ブログ『我のみぞ知る世界』を運営している、現役塾長ブロガーです。最近は北陸でゴエンを集める『ゴエプロ』っていう活動もしています。
ゴエプロの詳細はこちらをクリック

どうも、ROHIKAです。

 

アドセンスブログの命は、何といっても“キーワード選定”

いくら上質なネタや記事を書いたとしても、キーワード選定が疎かになっているとアクセスは集まりません。

 

今回はアドセンスブログにおけるキーワード選定について、じっくりと解説していきたいと思います。

 

 

キーワード選定の重要性

db814b8d92aa020376bc9bb2f93ed2db_s

「そもそもキーワード選定って何?」と思うかもしれませんね。

 

キーワード選定とは、

ブログ記事を検索結果に上位表示させるには、

どんなキーワードを使って書けばいいか

を考える作業のことを指します。

 

僕の経験上、かなり多くの人が

「自分の書いた記事が、Googleとかの検索に引っかかるはずがない。

ましてや1ページ目に表示されるなんて、夢のまた夢…」

みたいなことを考えているようです。

 

しかし、そんなことはありません。

キーワード選定さえしっかり行えば、今日開設したばかりのブログの記事でも、すぐさま検索結果に上位表示させることが可能なんです。

 

検索上位に表示されなきゃ意味が無い

アドセンスブログは、アクセスを集めてナンボのネットビジネスです。

芸能人でも何でもないあなたのブログに、普通に日記を書いたところで誰も見に来ません

 

そこで大きな力になるのがキーワード選定。

検索需要が高く、ライバルが少ないキーワードで記事を書くことができれば、面白いようにアクセスが集まります。

 

無名な僕たちのブログにアクセスを呼びこむには、検索結果の上位に無理やり食い込んでいくしかありません。

 

繰り返しておきますね。

どれだけ濃い記事を書いても、どれだけ面白い記事を書いても、検索上位に表示されなきゃ誰も見に来てくれないんです。

 

大きすぎる勘違い

 

アドセンスブログを始めたばかりの人は、ネタ選定の段階で長時間悩みがち。

ネタを捻りだした頃には、もうかなりの時間が経っています。

 

急いで記事を書き上げようとするので、タイトルなんて割と適当に決めてしまいます。

それでもネタ選定には時間をかけたので、書き上げた記事にはなんとなく自信が。

 

しかし蓋を開けてみれば、気合を入れて書き上げた(と思っている)記事にまったくアクセスが集まらない。

そんな繰り返しで、「アドセンスブログ、儲からないじゃん」という勘違いをして、そのまま挫折

「ネットビジネス=詐欺」みたいな誤解を抱いた状態で、ネットビジネス界からフェードアウトしていく…。

 

 

みんな力を入れる場所を間違えているんです。

 

アドセンスブログでは何よりも、

キーワード選定に全力を

出していかなければなりません。

 

キーワード選定さえしっかりしていれば、とりあえずアクセスは集まります。

そしてキーワード選定に慣れてきてから、ネタ選定や本文の内容にも力を入れていくべきなんですね。

 

いいですか。繰り返しておきますね。

一番力を入れるべきは、キーワード選定です。

 

キーワード選定の流れ

096ba26deaf7c046a38d8ae6f2d18c7c_s

ここで、キーワード選定の全体像を確認しておきましょう。

 

記事の種類を決める

まずは、「どんな種類の記事を書くか」を決めます。

 

アドセンスブログで書く記事は、

  • 速報系記事
  • 未来記事
  • 資産記事

の3種類でしたね。

参考:アドセンスブログに書く記事はこの3種類!それぞれの特性を把握せよ!

 

「今から書く記事は、どういう目的のものなのか」という目的意識を持ちましょう。

 

ネタ選定

記事の種類によって、選ぶネタは変わってきます。

つい時間をかけてしまいますが、ネタ選定は短時間でスパっと終わらせましょう。

 

ネタ選定にかける時間は、できる限り5分以内で抑えるよう意識してください。

参考:アドセンスブログのネタ選びに長時間悩んでいるあなたへ。ネタ選定のコツを伝授します

 

メインキーワードを決める

ネタ選定が終わったら、いよいよキーワード選定の開始です。

 

最初はメインキーワードから決めていきます。

メインキーワードとは、ネタに対して“確実に検索されるであろうキーワード”のことだと思ってください。。

 

例えば「有名女優の熱愛報道」をネタにするのであれば、「女優の名前」や「熱愛相手の名前」がメインキーワードになります。

 

関連・連想キーワードを挙げる

キーワード選定で一番時間がかかるのがこの部分です。

決定したメインキーワードに対して、どんな言葉が検索されるかを考えていきます。

ここで登場するのが、“関連キーワード”“連想キーワード”です。

参考:ずらしを意識しているか!?上位表示に必須の2つのキーワードを習得せよ

 

 

メインキーワードが決まったら、まずは連想キーワードを思いつく限りどんどん挙げていきましょう。

連想キーワードは多ければ多いほど良いです。

 

連想キーワードを挙げたら、関連キーワードもいくつかチェックしておきます。

こうやって挙げたキーワードたちが、ひとまずのキーワード候補になります。

 

ライバルチェック

キーワード候補を挙げたら、「メインキーワード キーワード候補」で検索してみましょう。

「堀北真希 元カレ」を例に挙げます。

 

検索結果の1ページ目に、「堀北真希 元カレ」の両方を含むタイトルの記事はありましたか?

該当記事が3~4個を下回っていれば、「元カレ」はキーワード候補にそのまま残しておきましょう。

 

検索した結果、1ページ目に該当記事が5個以上あれば、そのキーワードは候補から外してください。

 

この調子でライバルが少ないキーワードを探していきます。

メインキーワード1つに対して、連想キーワードは3~5個、関連キーワードは1~2個くらいまで絞ってください。

 

タイトル作成

キーワードが絞れたら、タイトルを作成していきます。

 

“メインキーワード”“残ったキーワード候補”を全部並べ、自然な日本語になるように言葉を付け足していきましょう。

多少は強引な繋げ方でも構いませんが、「堀北真希の元カレと離婚の噂は?両親と血液型は?高校と出身地は?」みたいな低俗なタイトルにはしないでくださいね。

検索上位に表示されるかもしれませんが、そんなタイトルじゃ誰もクリックしてくれません。

 

またタイトルはできるだけ、28字以内に収めるようにしてください。

Googleの検索結果に表示される最大文字数が28字のためです。

 

自然なタイトルが完成したら、ようやく本文作成スタートです。

 

とにかく慣れろ!

以上がキーワード選定の流れでした。

アドセンスブログで稼いでいる人たちは、これくらいの作業を常に行っています。

もしもあなたがネタを見つけて喜んでいるだけじゃ、到底敵うはずもありませんよね。

 

最初こそ大変ですが、数をこなしていくうちに慣れていきます。

これだけの作業も5分~10分位で終わらせることができます。

 

大事なのは意識してやること。

ネタ選定も本文の内容も、最初はそこそこ適当で構いません。

でもキーワード選定だけは、最初から全力投球で挑戦していってください。

 

キーワード選定のコツ

a96c1950a082fb3668934b8ccd18a95d_s

最後にキーワード選定のコツを少し解説しておきます。

 

検索需要が高いキーワードを狙う

検索需要というのは、「どれだけ多くの人が検索するか」ということです。

ライバル不在のキーワードを見つけたとしても、そのキーワードで検索されなければアクセスはありません。

 

関連キーワードの検索需要は、あるツールを使うことで調べることができます。

ですが連想キーワードの検索需要は予想です。

 

「このキーワードで検索する人はそこそこいそうだな」

「このキーワードは検索されないだろう」

「自分なら検索する可能性があるだろうか」

と、すべてのキーワードの検索需要を予想しながら、キーワード選定を行いましょう。

 

情報を得た人が、次に何を検索するか考える

「女優名 結婚」のようなビッグキーワードでは、アクセスは集まりません。

ライバルが多すぎるからですね。

 

そこであなたは、「女優名 結婚」に関するニュースを見た人が、次に何を知りたがるか・検索するかを考えましょう。

 

元カレ、結婚相手、馴れ初め、画像、出演作品、卒業アルバム

離婚する可能性はあるんだろうか?と、「女優名 離婚」と検索するかもしれません。

 

検索需要の高いキーワードを調べるために、あなた自身も検索してみる必要があります。

 

キーワード選定をするときは、ただの予想で終わってはいけません。

あなた自身もしっかりと情報を仕入れて、根拠のある予想にしていきましょう。

 

鉄板のずらしキーワードをストックしておく

ある程度キーワード選定をこなしていくと、

  • 検索需要がそこそこある
  • ライバルが少ない
  • 色んなネタに利用できる

を満たす、「鉄板のずらしキーワード」が見つかってきます。

 

鉄板のずらしキーワードは、ぜひメモ帳に入力して保存しておきましょう。

どうしてもキーワードが思い浮かばなかった時の、最終兵器として利用できます。

 

キーワード選定の時間短縮にも繋がってくるので、鉄板キーワードはどんどん増やしていきましょう。

 

まとめ

キーワード選定はアドセンスブログの命です。

 

ネタ選定

メインキーワード

関連・連想キーワード

ライバルチェック

タイトル決め

 

の流れを確実に実践していきましょう。

キーワード選定のコツも紹介しましたが、何よりも慣れが重要になります。

記事を作成する際には、キーワード選定を必ず意識していってくださいね。

LP誘導ver.2


現役塾長のメルマガ講座
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石川県で『勉強を教えない学習塾STUDYBANK』の塾長をやりつつ、ブログ『我のみぞ知る世界』を運営している、現役塾長ブロガーです。最近は北陸でゴエンを集める『ゴエプロ』っていう活動もしています。
ゴエプロの詳細はこちらをクリック