ブログ収入の無料教材プレゼント中!

【注意】SEOはキーワード数が多けりゃいいってワケじゃない!弱小ブログは○○キーワードに絞って戦え

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

記事にSEO対策を施すには、キーワードの数も重要です。

 

SEO的に「キーワードの数」といえば、

  • 狙うキーワードの数
  • 記事全体に散りばめるキーワードの数

の2種類を考えることになります。

 

今回はこの2種類のキーワード数について解説していきます。

 

 

SEOにおけるキーワードとは

SEOにおけるキーワードの意味を確認しましょう!

SEOにおいて「1つのキーワード」というのは、「ユーザーが検索するときに入力するキーワードのかたまり」のことを意味します。

 

たとえば次のキーワードのかたまりを見てください。

  • ダイエット
  • 簡単
  • レシピ

の3語が入力されていますが、SEOにおいては「3つのキーワード」とは考えません。

「ダイエット 簡単 レシピ」を1セットで捉えて、「1つのキーワード」といいます。

 

ですから、

の2つも、同じく「1つのキーワード」と捉えます。

 

これはつまり、

1つのキーワード
  • 「ダイエット」
  • 「ダイエット 簡単」
  • 「ダイエット 簡単 レシピ」

のいずれも、まったく違うキーワードだということを意味します。

 

「ダイエット」というキーワードを狙うのと、「ダイエット 簡単 レシピ」というキーワードを狙うのとでは、戦略もターゲット層も大きく異なるんです。

 

SEO対策はキーワード数を絞れ!

それでは、具体的なキーワード数の話をしていきましょう!

SEOを意識したとき、キーワードは次の3種類に大別できます。

キーワードの種類
  • 3語キーワード
  • 詰め込み型キーワード
  • 単一キーワード

 

基本は3語キーワード

3語キーワードとは、

のように、3つの単語でつくられたキーワードのこと。

ちなみに、複数の単語からつくられたキーワードのことを複合キーワードと呼びますから、3語キーワードは複合キーワードの一種です。

 

SEOを意識するなら、基本は3語キーワードを狙うようにしましょう。

3語キーワードを狙う理由は、

3語キーワードを狙う理由
  • ライバルが少ない
  • 検索意図が分かりやすい

のふたつです。

 

ライバルが少ない

「ダイエット」は検索需要が非常に大きいキーワードですが、その分ハイパー激戦区です。

対して「ダイエット 簡単 レシピ」は検索需要は控えめですが、「ダイエット」に比べればライバルの数も控えめです。

 

どんなに検索需要のあるキーワードであっても、同じキーワードで記事を書いているライバルが多ければ、検索上位は滅多に狙えません。

いきなり「ダイエット」のようなビッグキーワードばかり狙っていても、検索上位は獲得できませんから、いつまで経っても少しのアクセスも集まらないのです。

 

検索需要の有無も大切ですが、ブログパワーが弱いうちは、小さなアクセスをコツコツ集めていくことが何よりも大切です。

小さなアクセスが集まってきたら、少しずつブログパワーも上がっていき、少しずつライバルの多いキーワードでも勝負できるようになってきます。

 

最初は3語キーワードを狙って、ライバルの少ない市場で戦っていきましょう。

 

検索意図が分かりやすい

また、「ユーザーの検索意図が分かりやすい」というのも、3語キーワードを狙う大きな理由です。

 

「ダイエット」で検索する人は、一体どんな情報を求めているのでしょうか?

  • 「効率的なダイエットのやり方」かもしれませんし、
  • 「ダイエットにおすすめのジム」かもしれませんし、
  • 「ダイエットという言葉の意味」かもしれません。

 

「ダイエット」という単一キーワードでは、ユーザーがどんな情報を求めているのかが非常に分かりにくいんです。

ユーザーが求めている情報がつかめないわけですから、こちらもどういう記事を書けばいいのか分かりませんよね。

 

それに対して、「ダイエット 簡単 レシピ」は単純明快です。

「ダイエット中におすすめの簡単なレシピを教えてほしい」というものでしょう。

多少のニュアンスの違いはあれど、大きく外れてはいないはずです。

あとは、「ダイエット中におすすめの簡単なレシピ」に関する記事を書けばOKですね。

 

検索者に有益な情報を提供するためにも、「検索意図」がわかりやすい3語キーワードを狙うことが重要です

 

詰め込み型キーワード

芸能人に関するニュース等があると、次のようなタイトルの記事がネット上に乱立します。

いずれも、「詰め込み型キーワード」と呼べる戦略を使っています。

 

たとえば上から二番目の

星野源と新垣結衣が熱愛結婚を発表する可能性は?ミヤネ屋の予想や占い…

のいうタイトルを見てみましょう。

 

このタイトルには、

  • 星野源
  • 新垣結衣
  • 熱愛
  • 結婚
  • 発表
  • 可能性
  • ミヤネ屋
  • 予想
  • 占い

という単語が含まれています。

 

これらの単語を適当に組み合わせてみると、

  • 星野源 新垣結衣 熱愛
  • 星野源 新垣結衣 結婚
  • 新垣結衣 結婚 発表
  • 星野源 結婚 可能性
  • ミヤネ屋 結婚 予想

などなど、いろんなキーワードを作り出すことができます。

ひとつのタイトルの中にいくつもキーワード候補が存在するので、複数のキーワードで上位表示される可能性が生まれます。

 

スピードが求められるトレンドブログでは、このよな詰め込み型キーワードで仕掛けるのも戦略のひとつです。

ですが詰め込み型キーワードで複数のキーワードを狙う場合、いろんなキーワードに対処しなければならないので、どうしても記事の内容が薄くなってしまいます。

アクセス数があったとしても、記事自体の滞在時間が短くなりやすいので、Googleからの評価が下がりやすいというリスクもあります。

 

また、下手に詰め込みすぎることで、タイトルが不自然な日本語になることも多いです。

読みにくいタイトル・違和感があるタイトルだと、検索結果に表示されたとしても、多くの人はクリックすることをためらいます。

 

詰め込み型キーワードは諸刃もろはの剣になりやすいので、トレンドブログ運営者以外は避けるのが懸命でしょう。

 

単一キーワードは狙わない

のように、1つの単語だけでつくられているキーワードを「単一キーワード」といいます。

 

すでに理解している通り、単一キーワードで記事を書くことは賢い戦略ではありません。

ライバルも多く、ユーザーの検索意図もつかめませんから、単一キーワードで上位表示を狙うことはほぼ不可能です。

 

単一キーワードでの上位表示を狙う場合は、ブログ全体で戦略を練っていく必要があります。

この話をするとかなり長くなるので、また別の記事で詳しく解説していこうと思います。

 

今の時点では、

  • 3語キーワード
  • 詰め込み型キーワード

のどちらかで戦っていきましょう。

 

記事全体にキーワードを散りばめる

次に、記事全体にキーワードをどう散りばめていくかを考えていきましょう!

狙ったキーワードで上位表示させるには、キーワードを記事に散りばめることも必要です。

 

キーワードは、

キーワードの場所の優先順位
  1. タイトル
  2. メタディスクリプション
  3. 見出し(h2タグ)
  4. リード文(冒頭文)
  5. 本文

という優先順位を意識して、記事に散りばめていきましょう。

 

  • 見出し(h2タグ)
  • リード文(冒頭文)

に関しては、特に細かく解説することがないので、

  • タイトル
  • メタディスクリプション
  • 本文

についてのみ解説しておきます。

 

タイトル

キーワードをタイトルに入れるのは必須です。

「ダイエット 簡単 レシピ」というキーワードを狙うのであれば、「ダイエット 簡単 レシピ」をすべてタイトルに含めるようにしましょう。

 

SEOを意識したタイトルづくりについては、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOを意識したタイトルを作ろう!おすすめキーワードもまとめて紹介

 

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果でタイトル下に表示される、下図赤枠の部分ことです。

 

メタディスクリプションの中にも、狙うキーワードはすべて書いておきましょう。

All in One SEO Packというプラグインをインストール&有効化していれば、記事編集画面の最下部あたりで簡単に設定できます。

 

本文内のキーワードの割合

今はそこまで重要視されていませんが、本文全体のキーワード数もSEOに影響があるといわれています。

ただ、不自然にキーワードを散りばめてしまうと、Googleロボットに「スパム(迷惑行為)」だと判断されてしまいます。

何よりも、読者に違和感を持たれてしまい、記事の滞在時間や離脱率にも響きます。

 

本文に散りばめるキーワードの数は、本文全体の5%前後で留めるようにしましょう。

かといって、「5%までキーワード数を増やさなければ」という意識を持つ必要はまったくありません。

 

今は小手先のテクニックよりも、記事自体の質が圧倒的に重視されています。

「検索者にとって価値のあるコンテンツ」をつくりあげることが、何よりものSEO対策になります。

へたに本文のキーワード数を増やそうして、記事の質が低下してしまっては本末転倒です。

 

本文中のキーワード数はそこまで意識する必要はありません。

「記事の質を保ちつつ、もう少しキーワード数を増やせそう」というのであれば、適度にキーワードを散りばめてみるという認識で十分でしょう。

 

最後に

最後に、今回の要点をまとめておきます!

1つのキーワード
  • 「ダイエット」
  • 「ダイエット 簡単」
  • 「ダイエット 簡単 レシピ」

はどれも「1つのキーワード」

キーワードの種類
  • 3語キーワード
  • 詰め込み型キーワード
  • 単一キーワード
3語キーワードを狙う理由
  • ライバルが少ない
  • 検索意図が分かりやすい
キーワードの場所の優先順位
  1. タイトル
  2. メタディスクリプション
  3. 見出し(h2タグ)
  4. リード文(冒頭文)
  5. 本文

 

それでは、今回はここまで!

LP誘導ver.2


とある世界の魔法学校を取得する
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

この記事を書いている人 - WRITER -
ツモトタカヒロ
飽き性な性格を武器にして、複数の収入源を生み出す『飽き性マネタイザー』やってます。金沢で『勉強を教えない大学受験塾』とか、他にも色んなことやっているので、「何やってる人なの?」って聞かれると困ったりします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 我のみぞ知る世界 , 2018 All Rights Reserved.